稽古内容

初心者から経験者まで、老若男女、目的や体力に合わせて 無理なく稽古して頂けます。
実施クラスは支部や曜日等によって異なりますので、稽古日時にてご確認下さい。
少年部は偶数日以外でも全日程において基本クラスとなります。


基本クラス(偶数日)

基礎 各種の立ち方や攻撃と防御の技の稽古。
 数多い戦闘技法を取りまとめたマニュアルとして、単独稽古向けに編さんされたもので、基本型、普及型、開手型に分類される。
解裁 型に含まれる個々の戦闘技法の解釈と理解、習得を二人一組になって約束組手形式にて稽古する。一般的に解裁は部分分解と呼ばれる場合もある。
約束組手 予め定められた技を、定められた順番に従っての攻防訓練を、二人一組になって行う。
自由組手 お互いに各種の攻防技を自由に仕掛け合う、二人一組になって行う模擬戦闘訓練。剛法(突きや蹴りなどの打撃技)と柔法(投げ、締め、関節技など)と剛柔法の3科目を行う。
護身術
 自由組手を選択しない場合に行う。 指定された解裁技を、定められた順番に従って、二人一組になって約束組手形式で行う。


応用クラス(奇数日)

七本組手 首里手の前後左右に自在な運足(フットワーク)と那覇手の接近戦用の剛柔法を統合したもの。
実際に戦うのではなく、約束組手形式で稽古する。
大和剛柔流の根本理念を表現した技々で構成されている。
級、段位が進むに従って、技や入り身や合気での運足(フットワーク)がより高難度のものになる。

 

技法クラス(最終週)

伝統技法 空手に古くから伝わる、ガマク、チンクチ、ムチミ、縮地法、倒地法、入り身、運足歩法、身体内操作などの各種古伝技法を稽古する。
非常に高度な技法ではあるが、空手独自のデジタル化されたとまでいえる程のロジカルな論法により、修得速度は極めて速い。
初心者にも十分に理解可能で、 基本クラスと応用クラスの稽古においてもその効果は大きく発揮されるものであり、その面白味は深く尽きない。

 

- 基本クラスのご注意 - 
施設都合(時間や敷面積等)により、行われない稽古内容があります。 詳細は以下タイムテーブルをご参照下さい。

基本クラス(偶数日) タイムテーブル
支部 新宿(月・金) 新宿(木) 新宿(土) 新宿(日) 表参道 小豆沢
稽古時間 各35分 各40分 各35分 各35分 各25分 各35分
準備体操 19:00~19:10 19:00~19:10 14:00~14:10 13:00~13:10 18:30~18:40 18:00~18:10
基本 19:10~19:45 19:30~20:10 14:10~14:40 13:10~13:45 18:40~19:05 18:10~18:45
19:50~20:25 20:15~20:55 14:45~15:15 13:50~14:25 19:10~19:35 18:50~19:25
解裁 20:30~21:05 21:00~21:40 15:20~15:50 14:30~15:05 19:40~20:05 19:30~20:05
約束組手          
(少年部)
自由組手 21:10~21:45     15:10~15:45 20:15~20:40 20:10~20:45
護身術
解散 21:50 21:50 15:55 15:50 20:45 20:50


前のページへ